音楽発掘メディア【Social Sound Scrap】
有名無名関係なく、ジャンルレスにGood Musicを紹介していきたいと思います。
あと、音楽関連サービスも積極的に紹介していきます。「SoundCloudの使い方」適宜更新中。

2011/11/18

日本公開は未定: 映画"This Must Be The Place" - David Byrneも参加したサウンドトラックを試聴


2011カンヌ国際映画祭コンペティション部門にエントリーされた、ショーン・ペン主演"This must be the Place"は、Talking Headsの楽曲がそのままタイトルになった映画だ。そのオフィシャルサウンドトラックのトラックリストが公開されたので、トレーラーと共に紹介したい。

This Must Be The Place
監督: Paolo SORRENTINO
製作国: イタリア, フランス, アイルランド
製作年: 2011
上映時間: 118.00 分 
解説:  かつてロックスターだったシェイエン。50歳となった現在、いまだに「ゴス」調ファッションを守りつつ、ダブリンで印税生活を送っていた。絶交していたた父の死によりニューヨークへ渡った彼は、そこで父があることに固執していたことを知る。それはかつて受けた侮辱の恨みを晴らすというものだった。シェイエンはその真相を探る決意をし、自分なりのペースでアメリカ横断の旅へと出かける。 (カンヌ国際映画祭 - 作品案内より

▶オフィシャルトレーラー:


『「あぁ、思い出したわ。あなたミック・ジャガーと歌ってたことあるでしょ。」「いや、ミック・ジャガーが俺と歌ったんだ。」』というシーンや、『「Arcade Fireの"This Must Be The Place"弾けるの?」「"This Must Be The Place"はTalking Headsの曲だよ」』というシーンにクスリとしてしまいますね。

Arcade Fire - This Must Be The Place (Naive Melody) (Talking Heads cover)
 

▶サウンドトラック:

01 Gavin Friday – “Lord I’m Coming”
02 The Pieces Of Shit – “Lay & Love”
03 The Pieces Of Shit – “Open Up”
04 Mantovani & His Orchestra – “Chairmaine”
05 Daniel Hope & Simon Mulligan – “Spiegel Im Spiegel”
06 Trevor Green – “This Must Be the Place (Naïve Melody)” [Edit]
07 David Byrne – “This Must Be the Place (Naïve Melody)” [Live]
08 Julia Kent – “Gardermoen”
09 Jónsi & Ales – “Happiness”
10 The Pieces Of Shit – “Eliza”
11 Iggy Pop – “The Passenger”
12 The Pieces Of Shit – “You Can Like It”
13 Brooklyn Rider – “Achille’s Heel: II. Second Bounce”
14 The Pieces Of Shit – “If It Falls It Falls”
15 Gloria – “This Must Be the Place (Naïve Melody)”
16 Nino Bruno E Le 8 Tracce – “Every Single Moment In My Life Is a Weary Wait”
17 The Pieces Of Shit – The Sword Is Yours”
(via 24bit)



【リンク】
Hear David Byrne & Will Oldham As Pieces Of Shit - Stereogum
David Byrne & Will Oldham’s ‘This Must Be the Place’ Soundtrack - TwentyFourBit
『This must be the place (原題)』 (2011年 伊仏アイルランド) - ギャラリーおまけ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...