音楽発掘メディア【Social Sound Scrap】
有名無名関係なく、ジャンルレスにGood Musicを紹介していきたいと思います。
あと、音楽関連サービスも積極的に紹介していきます。「SoundCloudの使い方」適宜更新中。

2011/05/21

【第2回】曲を聴こう、コメントしよう



今回のテーマ: 楽曲の試聴とコメント機能

SoundCloudの使い方第2回目は、SoundCloudでの曲の試聴と、関連する機能をかんたんに紹介します。代表的な機能はコメント機能なので、今回はコメント機能のみに焦点をあてることにします。


▶STEP1:[Explore Tracks]で話題の曲を聴く

SoundCloudにはページ上部に以下のような項目があります。


左から順に [Dashboard] [You] [Tracks] [People] [Group] [Upload & Share]となっており、それぞれ簡単にいうと、

[トップページ][個人ページ][曲を探す][ほかのユーザーを探す][所属しているグループでの活動][曲を公開する]といった機能を担っています。

今回は楽曲の試聴(ブラウズ)が目的なので、この中で、 [Tracks] を選択します。




▶STEP2:HOT or Latest? 話題で選ぶか新しさで選ぶか

[Tracks]には、より詳細な選択肢である[Explore Tracks] [Creative Commons] [Search for Tracks]がありますが、[Tracks]をクリックすると自動的に以下のような [Explore Tracks] のページに飛びます。


[Explore Tracks]では、大きく分けて以下の二つのカテゴリから楽曲を選ぶことができます。

  1. 話題の曲を表示してくれる[Hot]
  2. 新しくアップロードされた曲を時系列で表示してくれる[Latest]

上のキャプチャ画像は、[Hot]を選んだ状態で表示された楽曲群です。「話題である」ことには以下の要因が含まれると考えられます。

「再生回数や、コメント数、お気に入りに登録された数、ダウンロードされた数」

SoundCloudのヘルプには、なにをもって [Hot] とされるかという基準の記載は見受けられませんが、おそらく上記の要素が絡んでいることが、上位の楽曲をみると考えられます。



▶STEP3:曲を聴いてみよう

それでは、実際に曲を聴いてみましょう。気に入ったものを選び、下のような形をしたボタンをクリックすれば自動的に再生されます。



一番左に再生ボタン。その右の長いフレームは、音の波形が表示されています。
下には、曲に対するユーザーのコメントが記載されています。


The xx - VCR (Four Tet remix) by Four Tet



SoundCloudの特徴の一つは、そのコメント欄です。曲に対し、スレッドのような、縦に長いコメントが連なるだけでなく、再生画面に埋め込まれていることで、直感的に曲の人気がわかります。




▶STEP4:コメントしてみよう

気に入った曲があれば、コメントしてみましょう。

  1. コメントしたい曲のタイムラインをクリック
  2. コメントを記入
  3. 投稿
という手順です。コメントする内容は、英語である必要はありません。むしろ色々な言語で自分の楽曲にコメントをもらう方が、作り手も嬉しいのではないのでしょうか。(英語でコメントしたい場合は、他の方のコメントの仕方が大いに参考になります)


また、だれかのコメントに対して返事をすることも可能です。


曲の試聴とコメントは以上のような手順でした。

revised_2012/11/14


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...